■(白)フリーオ関連まとめ - 2008年4月29日更新 -

フリーオを使ってみて、あれこれ試したことを覚え書き的感覚でまとめています。




■録画されるファイルについて

拡張子 *.ts という見慣れないファイルが生成されますが、公式ソフトの以下の設定によって内容が少し異なってきます。

「録画時に必要性のないデータを記録しない」
にチェックしたときとしないときで異なります。
チェックしないと余計なデータが記録されますが、B-CASカードなしで録画しても後から Multi2Decでデコードして(再生可能な)ファイルを取り出せるというメリットもあるので、安全をとるならチェックしないのもありかと思います。


チェック無
(1分間録画)
[チェック無.ts]
1440x1080 29.97fps 16:9 625line 20000.00kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 0.00kb/s ADTS
188Pct / 地上D 041ch 日本テレビ1 / 地上D 051ch テレビ朝日1 / 地上D 061ch TBS1 / 地上D 081ch フジテレビ1 / 地上D 091ch 東京MXテレビ / 地上D 032ch テレビ埼玉1 / BSD 161ch BS-I / BSD 181ch BSフジ
[MPEG2-TS] 00:00:00.000 (0.000sec) / 126,769,152Bytes
チェック有
(1分間録画)
[チェック有.ts]
1440x1080 29.97fps 16:9 625line 20000.00kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 0.00kb/s ADTS
188Pct / 地上D 041ch 日本テレビ1 / 地上D 051ch テレビ朝日1 / 地上D 061ch TBS1 / 地上D 081ch フジテレビ1 / 地上D 091ch 東京MXテレビ / 地上D 032ch テレビ埼玉1 / BSD 161ch BS-I / BSD 181ch BSフジ
[MPEG2-TS] 00:00:00.000 (0.000sec) / 108,963,296Bytes


※「チェック無」 で録画すると余計なファイルがくっついてきますが、TsSplitter で分離可能。




■録画されたファイルの編集

MurdocCutter が唯一の対応可能なソフトみたいです。
ただし、ファイルの結合をするとBDMV化するときに問題が出るので、前後のみカットに留めておくのが(多分)無難。




■録画されたファイルの再生

録画された *.ts ファイルはWindowsでは各種再生ソフトで簡単に再生可能。代表的なのは、

 Media Player Classic
 GOM PLAYER
 PowerDVD7 or8
 VLCメディアプレーヤー

Windows以外では、Panasonic BW800 SONY BDZ-T70 では残念ながら再生不可ですが、PS3 では拡張子を *.ts から *.avi に変更することで再生できました。(”破損ファイル” と認識されますが、普通に再生可能です)

【追記】
その後のPS3のファームアップで、拡張子そのままでも再生できるようになりました。


※TSファイルのままなら、1層DVD-Rに約45分くらいと、結構な長さを記録できます。





■Panasonic BW800 や SONY BDZ-T70 で再生できるようにする

ここでは映像データはエンコードしないで、Panasonic BW800 や SONY BDZ-T70 で再生できるようにします。
やり方はBDMV規格のデータを作り、それをDVD-R やBD-R に書き込みます。

※30分程度の番組なら、1層DVD-Rに(映像部は)無劣化保存可能!PanasonicのAVCREC等と違い、再生互換性が高いのもポイントです。


さてやり方ですが、TSファイルの音声(AAC)をうまく扱えるソフトが少ないので、

 映像と音声を分離 → 音声部をデコード → (音ズレ補正) → BDMV構築 → DVD-R or BD-R に書き込む

といった手順を踏みます。※ここでは音声は2chとします




TSDemux 0.18
映像と音声を分離。



ToWave 1.03 + libfaad2.dll + VLC
こんな感じで、音ズレ補正したWAVEファイルを作成。この段階で、
THE世界遺産20080427 01 (delay -457ms).aac
THE世界遺産20080427 01.m2v
THE世界遺産20080427 01 (delay -457ms).wav
THE世界遺産20080427 01 (delay 0ms).wav
のように4つのファイルができますが、
THE世界遺産20080427 01 (delay -457ms).aac
THE世界遺産20080427 01 (delay -457ms).wav
の2つは、以降不要です。


ここまでの工程は BonTsDemux でもできますが、TSDemux + ToWave の方が音ズレ問題が起きにくいように感じているので、今のところ TSDemux + ToWave メインでやってます。


tsMuxerGUI
*.m2v と *.wav を登録したら、「Create Blu-ray disk」 を選択して、「Start muxing」 をクリック。


「Errors」 のところになにも出なければ成功。
ここでエラーが出てしまうと、BDMVの規格に沿っていないということのようで、焼いてもゴミディスクになってしまいます。



ImgBurn 2.4.1.0
あとは、「BDMV」「CERTIFICATE」 をUDF2.50で DVD-R か BD-R に書き込むだけです。
ライティングソフトはUDF2.50対応のものならなんでもいいですが、ImgBurn がいいと思います。


DVD-Rに書き込む場合でも、BD-Rに書き込む場合でも、やり方は全く同じで、気にするのは容量だけです。(1層DVD-Rには約38分くらいまでなら映像部無劣化で書き込めます)
プレイヤー側では、

 DVD-R に記録した場合 → AVCHDディスク
 BD-R に記録した場合 → BD-Video


というように(勝手に)判断します。

※コストパフォーマンス的にイマイチですが、2層DVD-Rでも(AVCHDディスクは)できます。




■約54分のTSファイルから直接BDMVを作成 → 1層DVD-Rに焼く

↑のやり方では1層DVD-R に1時間番組は収まりませんが、映像部をエンコードすることで、1層DVD-RにAVCHD規格で(解像度1440 x 1080のまま)記録できます。(ただし、以下のやり方ではかなり時間かかりますが)

※PC環境によっては別途 AviSynth 2.5 ffdshow Haali Media Splitter が必要。


RipBot264 1.9.2
RipBot264 はTSファイルをそのまま扱えます。
54分30秒のTSファイルを選択し、「SAVE AS」 のところは 「BLU-RAY DISC」 を選択。
「LOCK SIZE」 にチェックしてプルダウンから 「4480」 を選択し、「Done」 をクリック。
これで設定は完了。そのままスタートしひたすら待ちますが・・・
54分30分のTSファイルのエンコードに約8時間 もかかりました。
(Core 2 Extreme X6800@定格 & メモリ3GBにて)
完了すると1層DVD-R にギリギリ収まるくらいの 「BDMV」「CERTIFICATE」 ができるので、
あとはそれをUDF2.50でDVD-Rに焼くだけです。


これで1層DVD-R に、再生互換性の高い解像度 1440 x 1080 の54分30秒の動画を収録することができましたが、2Passエンコのわりにはイマイチきれいではないなぁというのが正直なところ。(時間もかかりすぎなので、もう多分やらないと思います)


TS(無加工) 2Passエンコ




BW800ではこんな感じに認識されます。


PowerDVDで再生中の情報。




■chotBDAV で複数のTSファイルを1枚のBD-R にまとめて焼く

 使用したソフトは chotBDAV 0.57 と BD2FW 1.9
 入手先は 【BDAV】BD Rip以降の行程を楽しむスレ Vol.3【AACS】 あたりを参照。




まず適当なTSファイルを5個用意しておきます。
フリーオで録画したものはBD2FWで 188 -> BD192 変換する必要があるので、ここでは C:\BD2FW フォルダに、"BD2FW.exe" "1.ts" "2.ts" "3.ts" "4.ts" "5.ts" を入れておき、作業を間単にするためにバッチファイルを同フォルダに入れておきます。
ここで使用したバッチファイル


BD2FW1.bat 〜 BD2FW5.bat を実行すると、00001.m2ts 〜 00005.m2ts ができます。


実行中の図


次にC:\BDAV フォルダに、"chotBDAV.exe" "00001.m2ts" "00002.m2ts" "00003.m2ts" "00004.m2ts" "00005.m2ts" と こんな感じのバッチファイル を入れておき、バッチファイルを連続して実行。


実行中の図


"CLIPINF" "PLAYLIST" "info.bdav" が生成されますが、一応PLAYLISTフォルダの中を見て、用意したTSファイルと同じ数の *.rpls ファイルができているか?見ておくと安心です。

あとはできたファイルをフォルダ構成を正しくしてBD-R に書き込むだけです。


00001.m2ts 〜 00005.m2ts は "STREAM" フォルダに入れておきます。


ライティングソフトはいつものように ImgBurn を使用


ここでは "いいえ" を選択
"はい" を選択するとBDAV形式にならないので注意。
【追記】その後のバージョンアップにより、BDAVフォルダを焼くときはこのメッセージは出なくなりました。


あとは再生互換性ですが、

 ●PLAYSTATIONR3
 ●Panasonic BW800
 ●SONY BDZ-T70


では早送り、スキップ含めて正常に再生できましたが、

 ●PowerDVD7.3 + 各種BDドライブ

ではなぜかPowerDVDがフリーズしてしまいました。
やり方がまずかった可能性もありそうなので、暇があれば再度試してみます。

【追記】
TSファイルの個数を5個から2個へ減らして同じことをしたところ、「PowerDVD7.3 + 各種BDドライブ」 でも正常に再生できました。



※DVD-R に焼いた場合は、Panasonic BW800では再生できますが、PS3や BDZ-T70 では正常に再生できないので、焼く容量が少なくてもBD-R を使ったほうが将来的にも安心です。




■その他参考リンク等




トップへ