CD-R実験室トップ
TSST TS-H652L トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) DVD関連のベンチマーク (3) DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種16倍速メディアエラーチェックページ DVD-RAM


■TSST TS-H652L - 2006年5月6日更新 -

普段はあまり買わないTSSTドライブですが、今回はたまたまタイミング的にあったこともあり購入。
TS-H552B を買ったのが2004年11月5日なので、かなり久々です。


TSST TS-H652L
TSST TS-H652L
パッケージの写真と実物のフロントベゼルが異なっている点には注意。
↓パッケージ写真該当部拡大
物自体は確かに TS-H652L ですが、なんでフロントベゼルを変えたのかは謎・・・
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline! ← 情報なし?


RAM書き込み対応ですが、すでに各社が対応している状況かつMAX 5倍速なので、その点はイマイチインパクトはなし & もう一つの売りの LightScribe も対応メディアが積極的に販売されていない印象なので、これもインパクトが薄い・・・ 描画といえば、NECの Labelflash の方が魅力あります。なんせ通常のDVD-Rメディアのあまった領域に描けるので。

ということで強力な売りはなさそうにも感じますが、気になる各種基本性能等を調べてみようと思います。




■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム TI02時

メディア 16x 12x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
1x
三菱化学 8倍速DVD+R DLメディア
MKM003
×
-
×
-
4x-6x-8x-6x-4x
Z-CLV
×
-
×
-
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
P-CAV
P-CAV
×
-
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
P-CAV
×
-
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア
YUDEN000T02
×
-
×
-
P-CAV
P-CAV
CLV
×
-
×
-

太陽誘電8倍速DVD+Rメディアでは6倍速が選択できます。(ただ、P-CAV なのであまりありがたみはないですが)




■各種ディスクのマウント時間 ※ファームTI02時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
17秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
15秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
23秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
24秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
14秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
13秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 9秒
普通の音楽CD 12秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
20秒


このドライブ、マウントが全体的に速いです。
特にDVD-Videoは、わずか9秒でマウント完了。




■TSST TS-H652L の主な特徴等 (一部主観意見含む) ※確認時のファームウェアはTI02

バッファロー販売の TS-H652L のフロントベゼルは、NECによく似たデザイン。(その辺拘るときは要注意)
メインチップはTOSHIBAではなく、MediaTek製のものが搭載。(MT1888LE)
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能。(Jitter計測は残念ながら非対応)
要レジストリ操作(自己責任)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ahead\Nero Toolkit\CD Speed\CD Quality Blocked
にある、「TSST」を適当な文字に変更。
KProbeでも動きますが、RAM計測はNero-CD-DVD Speed しか動きませんでした。
その他、データCDは速度制御できるものの、CD-DAは速度制御できなかったりと、細かいところで制限あり。
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストの読み速度は、BenQのように4xCLVというのはなく、4x選択時はCAV (KProbeでも4x時はCAV)
DVD+Rは6倍速書き込みが可能なものの、フルCLV ではなく、P-CAV
BookTypeは一見設定変更できそうなものの、実際はできず、1層DVD+R、2層DVD+Rともに強制的にROM化仕様。
LightScribe 対応。
一応CD-Rも対応メディアが販売されています。(CD-Rは売っているところはあまりありませんが)
3倍速RAM、2倍速RAMの読み速度は、それぞれ3倍速、2倍速。
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由しなくても書き込み可能。
CD Manipulator 2.70 では、普通に書き込み可能。
ExactAudioCopyで、オフセット値を適切に設定した場合、ディスク終端6サンプルを書くことができない。
読みは残念ながらディスク終端6サンプルをリップできない。(どちらも実用上はほぼ問題なし)
Combined read/write sample offset correction が ±0 なので、EACを使わなくても、各種ライティングソフトで音楽CDを普通に読み書きするだけで、読み書きそれぞれの段階でのズレ(6サンプル)が相殺される。
暁のラブレターは問題なし。


予想と違っていたところはDVD+Rメディアへ6倍速書き込み可能なことですが、これがCLVではなく、P-CAV
この辺が惜しい気がします。
いい点は Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動く(RAMも可能)ことと、LightScribe対応という点ですが、LightScribe はメディアの普及度がどうもよくないのがマイナスポイント。(アイオーデータは、Labelflashに力を入れている印象があるので、特にそう感じます)

※書き込み品質的には微妙なところが多く、Pioneer辺りを無難に買ったほうが幸せになれます。(多分)
※あと強制ROM化ではなく、BenQみたく自由に設定変更できるようにして欲しいところなのですが、そういう需要ってあまりないんでしょうか?

その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ MediaTek
MT1888LE
製造国表示 PHILIPPINES
排気ファン なし
5V定格 表記なし
12V定格 表記なし
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
主な付属ソフト Sonic RecordNow! 7.32


Roxio Easy Media Creator7 BASIC (詳細バージョン未確認)
Sonic Simple Backup (詳細バージョン未確認)
Sonic DLA (詳細バージョン未確認)
Secure Lock Ware (詳細バージョン未確認)
Read sample offset correction +6
Write samples offset -6
Combined read/write sample offset correction ±0
DVD+R DVD+R DLメディアのROM化 1層、2層共に強制ROM化仕様
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 可能
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 4にて確認)
読み
書き ※CDRDAO経由しなくても可能
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 設定変更はできるが、制御できない
CD-R最低書き込み速度 8倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD±Rは4倍速
2層DVD+Rは詳細未確認 (多分4倍速)
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(TS-H652L はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTH01 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
B's8.29ではあっかんべーしませんでした。

【補足2】
例の作り間違えたルクセンブルクTDK 8倍速メディアは"TTH01"を返してきます。

【補足3】
Win98SEは今回もサポート。




■LightScribe を使ってみる

結局あまり普及しないまま終わってしまいそうなLightScribeですが、(対応メディアを売っているところが限られている)動作確認も含めて一応1枚試しておきます。


付属の LightScribe ソフトを使用してます
こんな感じで適当にレーベルをデザイン。



標準(速)を選択。



フルに描くので時間は結構かかります。(17分49秒)



で、完成
実物は↑よりもう少しいい感じに見えます。
(うまく撮影できない)


CD-R実験室トップ
TSST TS-H652L トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) DVD関連のベンチマーク (3) DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種16倍速メディアエラーチェックページ DVD-RAM