■TURBO USB の記録型DVDドライブ Part2 - 2007年6月4日更新 - 

掲示板で要望を頂いたこともあり、TURBO USB をもっと有効活用できないか?ということで、いくつか気になることを試してみたいと思います。
検証時環境は、Part1 のときと同じです。




■中のドライブを交換してみる

GSA-H55N 以外の20倍速ドライブというと、LITE-ON LH-20A1P がすでに販売済みなので、外付けケースをばらして中のドライブを LH-20A1P に交換します。

ドライブのサイズが同じということもあり、交換自体は簡単に完了。その状態でPCを起動したところ、特に異常と感じるところはありません。
デバイスマネージャを見ても、しっかり TURBO USB は有効になってます。

これはいけそうだ!ということで、早速太陽誘電16倍速DVD-Rメディアを20倍速焼きしてみます。


USB2.0接続ですが、しっかり20倍速出ました。恐るべしTURBO USB?
ただし、LITE-ON なので、日立LGに比べると書き込み時間は30秒ほど多くかかります。
(USB2.0変換したことによる影響ではなく、元のドライブの仕様)
あとUSB2.0変換のせいと思われますが、書き込みグラフもPATA接続のときと少し違い、微妙にギザギザになってます。




■TURBO USB を一旦無効にすると・・・

20倍速書き込みが無事成功したところで、TURBO USB を一旦無効にしてみます。
そこから、再度TURBO USBを有効にしようとしたところ、これがうまくいきませんでした。


"有効" をクリック。


"次へ" をクリック。






ということで、見事にドライブチェックに引っかかってしまいます。(基本的には、中のドライブを交換しちゃまずいということで)




■TURBO USB が無効な状態で焼いてみる

デバイスマネージャを見ても確かに TURBO USB は無効になってますが、この状態で試しに焼いてみたところ、

これが予想に反して20倍速出ました。
なぜ20倍速出たのか?考えてもはっきりわかりそうにないので、あまり深くは考えないようにします。




■記録品位

あとはエラーチェック関連ですが、最初に TURBO USB 有効で焼いた方のメディアで、いつもの各種計測関連を行います。


Nero CD-DVD Speed 4.7.5.0


PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA


GSA-H55N より書き込みに時間がかかるとはいえ、記録品位的にはLITE-ONの方が上ということになりました。(1枚しか焼いてないので、あまりはっきりとは言えませんが)
日立LGがLITE-ONに負けるというのは、昔の常識からするとちょっと考えられませんが、ま、時代はいろいろと変化しているということで。


結論的には、TURBO USBは、メーカーのチェックをすり抜けられれば、いろいろと使い道はあるかも知れません。



トップへ