CD-R実験室トップ Panasonic UJ260 トップ 各種BD-Rエラーチェック


■Panasonic UJ260 - 2012年3月4日更新 - 

以前ならスリムドライブは買う気はありませんでしたが、最近のメディアの使用状況は月にBD-R 2枚程度で、大幅減少。
そのため、「使うときだけ外付け」 というのがどうも正解な気がしてきました。
そうなると、別途100V電源を使用しないですむスリムドライブに注目がいきます。

普段使うPCも最近はすっかり小型化 & 省電力化仕様で、(面倒なのでPC環境のページは特に更新してませんが)今のメインPCは↓のような構成です。

abee acubic CP315
abee AC130-AP02AA
ASRock H67M-ITX + Core i3 2105 ※ビデオカードはCPU内蔵のを使用なし
PLEXTOR PX-256M2P
Crucial m4 CT512M4SSD1 ← 静音を追求した結果、倉庫用HDDが倉庫用SSDに(金の無駄使い)
Pioneer BDR-206MBK

この構成だと5インチ光学ドライブを積むのもアンバランスだし、今後光学ドライブの使用頻度は上がることはないだろうし・・・
ということで、スリムタイプならまだ新製品が発売されている、PanasonicのBDドライブを久々に買ってきました。

1年くらい前は、ケースにAntec Twelve Hundred + 850W電源、CPUはCore i7-980X Extreme Edition とかを使っていたのですが、まさかこんな小型なPCをメインに使うようになるとは思ってもいませんでした。


Panasonic UJ260
Panasonic UJ260
ソフトはなにも付属してませんが個人的にはむしろ好都合。(ImgBurnしか使わないので)
AKIBA PC Hotline!



- 検証時PC環境 -
 マザーボード GIGABYTE GA-A75M-UD2H
 OS Windows 7 Professional 64bit SP1
 APU (CPU) AMD A8-3850
 CPUクーラー Cooler Master Hyper 212 Plus
 メモリ G.Skill F3-17000CL9D-8GBXM DDR3-2133 8GB
 ビデオカード CPUの内蔵GPU (HD6550D)
 LAN オンボード
 SSD PX-128M2P
 HDD HGST Travelstar 750GB 2.5inch
 ODD Pioneer BDR-207MBK
 ODD PLEXTOR PX-M950SA
 USB2.0 ODD LITE-ON iHBS212 + TIMELY ドライブケース OPTICAL-CASE525SATA
 USB2.0 ODD Panasonic UJ260 + Owltech OWL-ESODSAT(B)
※USB3.0端子に、付属のUSB2.0ケーブルで接続(ACアダプタ未使用)
 ディスプレイ REGZA 42Z8000
 ケース SilverStone TEMJIN SST-TJ08B-E
 電源 Huntkey 絢風300




■製品ラベル、基板等

2011年12月製造品で、Made in Philippinesでした。
5V定格は書いてませんが、今回はUSB3.0ダブル給電なので、問題なさそうです。
中の基板ですが、今回うまくばらせなかったため、非掲載です。
※念のため確認しましたが、BD-Rのエラー計測はできません。




■ドライブ情報

DVDInfoPro XTREME
初期ファームは "1.00" で、シリアルはうまく表示されないようです。
Extra Info の数値はよくわかりませんが、2011年10月18日ってことでよさそうです。

Opti Drive Control 1.50
Opti Drive Control 1.50 ではシリアルがどうやら正常取得されてます。
(製品ラベルの数値と一致しています)






■BD-R 4倍速の書き込み時間

Panasonic 4倍速BD-R
[BD-R-SL:MEI-T02-001]
初速が約2.6倍速のP-CAVです。書き込みにかかる時間は24分24秒。
Pioneer BDR-XD04J では24分12秒だったので、少しだけ遅いです。




■ImgBurn 2.5.6.0 での動作

やはりImgBurnで動作しないドライブを探すほうが難しく、BD-R、DVD-R共に正常動作しました。
ライティングソフトは ImgBurn 1択で。




■各種ディスクのマウント時間 (手抜き)

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、(またはトレイを手で閉めてかr) "Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


UJ260 のトレイは、手で押し込めるタイプです。BDR-XD04J と似たタイプのため、BDR-XD04J とはそのまま比較していいかと思います。(BDR-207MBKと比べるには、プラス1〜2秒くらいで)


ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-207MBK
firm 1.10
Pioneer
BDR-XD04J
firm 1.00
Panasonic
UJ260
firm 1.00
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 15秒 14秒 20秒
記録済み 16秒 17秒 23秒
BD-Video(1層) - 9秒 11秒 12秒
BD-Video(2層) - 12秒 13秒 14秒




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID MATSHITA
プロダクトID BD-MLT UJ260
メインチップ 未調査(確認困難)
購入時ファームウェア 1.00
検証時ファームウェア 1.00
製造国表示 Philippines
5V定格 -
12V定格 -
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
未調査
Exact Audio Copy での
Write samples offset
未調査
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
未調査
Partial MKB Version 不明
搭載バッファ容量 2MB


CD-R実験室トップ Panasonic UJ260 トップ 各種BD-Rエラーチェック