CD-R実験室トップ
TEAC DV-W58E トップ 検証時環境 CD関連のベンチマーク PlexTools Professional、KProbe 計測結果


■TEAC DV-W58E -2004年6月27日更新-

※2016年2月13日にレイアウトを変更しました。



一般販売されることはないと思われていたTEACの自社製DVD+RW/Rドライブ DV-W58E ですが、突如一部のパーツショップに流通してきました。2層書き込みにも対応しているようです。
公式ページ ではそのような記述はありません。 → というか、対応させた??みたいですが

DVD-R/RWメディアには非対応ですが、RICOHまでもが(OEMとはいえ)DVD±Rドライブを発売している状態なので、DVD-R/RWに対応していないのも今となってはかえって新鮮にも感じます。
価格的にも安く、6千円台後半〜7千円台後半という、嘘みたいな低価格で登場!

こんなに安くて大丈夫か?という気もしますが、ともかく各種性能等を調べてみましょう。


TEACらしくシンプルなフロントベゼル
- 公式ページ -




■まずは2層焼きを確認

発売時のライティングソフトの対応状況ですが、B's Recoeder GOLD7(検証時の最新バージョンの7.19)ではドライブが非対応。DVD +R DLブランクメディアをマウントさせても、1層焼きの容量でしか認識できない状態でした。

そこでnero 6.3.1.15 (検証時最新バージョン) で試しましたが、こちらでは正常に2層焼きの設定が出来るので、約7.94GBのDVD-Videoの作成を実行。が!2層目の焼きに切り替わって少ししたところで焼きミス! (ToT)/~~~ となってしまいました。

この時点で、約1,500円の損害! DLメディアでの焼きミスは痛い・・・

※焼きミスしたディスク裏面を見ると、外周エリアの数ミリの焼き色が違っているので、nero6の2層焼きは、内周→外周→折り返し地点→外周→内周 という感じで焼いているみたいです。

そこで、容量約7.73GBのちょっと少なめのDVD-Videoデータを用意し、同じくnero 6.3.1.15 にて2層焼きを敢行。今度は正常に焼き完了しました。(ただ、初期型PS2で再生すると、レイヤ1再生時にたまにブロックノイズがでるときがありますが)

となると、「1回目失敗したのは何がいけなかったのか?」 ということになるので、1回目と同じ条件で3度めのDL焼きを敢行。(検証費用:約4,500円!)今度は正常に焼き完了しました。→ただ、PS2での再生では同じくレイヤ1でブロックノイズでるときあり。
※どうも1回目のはメディア側に問題があったのかもしれませんが、詳細は不明です。


で、気になるのはBookTypeですが、


DVDINFOPro 2.54 + TEAC DV-W58E (Firm 2.0B)

バッチリROM化されています。これがROM化できないとなると使う気がしないところですが、まずは一安心。




以下の4枚のグラフは、↑で作成したディスク(3枚目)の測定結果です。



PlexToolsProfessional 2.14 + PX-712A (Firm1.02) Beta /Jitter Test (8ECC)
Betaのグラフが、レイヤ切り替わり時、急激に変動しています。
ちょっとまずいように見えますが・・・




PlexToolsProfessional 2.14 + PX-712A (Firm1.02) PI/PO Test (8ECC)
エラーの状態はこの通り、レイヤ1があきらかに悪いです。
(実際、初期型PS2ではレイヤ0の再生は良好なものの、レイヤ1ではたまにブロックノイズがでます)



KProbe 2.1.0 + SONY DRU-700A (SOHW812S改)


これまで、

 NEC ND-2510A (Firm2.04)
 NEC ND-2500A (改ファーム)
 日立LG GSA-4120B (Firm A101、N0AD)
 BenQ DW830A (DW800A改)

 TEAC DV-W58E (Firm2.0B)

で2層焼きを試していますが、TEAC DV-W58Eが一番悪く見えます。
今のところ一通り調べ終わったらお蔵入りになる予定・・・ 今後のファームアップとRICOHメディアに期待!




■Nero CD-DVD Speed 3.01 での書き込み速度

太陽誘電 8倍速DVD+Rメディアでの 「データディスクの作成」 の結果
全体的に遅めのZ-CLV (4x -6x -8x)
外周部では(ディスクに問題があったためか?)減速しています。




以下の4枚のグラフは、↑で作成したディスクの測定結果です。



Nero CD-DVD Speed 3.01 での読み取り試験結果




PlexToolsProfessional 2.14 + PX-712A (Firm1.02) Beta /Jitter Test (8ECC)
PlexToolsのBeta/Jitter Test は結構使えます。
どこで速度が切り替わったのかが一目瞭然。



PlexToolsProfessional 2.14 + PX-712A (Firm1.02) PI/PO Test (8ECC)



Nero CD-DVD Speed 3.01 での Disc Quality Test (BenQ DW822A使用)


極端に悪いこともないですが、よくもないです。
ただ、メディアによっては8倍焼きはちょっとまずそうです。
(特に三菱メディアでの8倍焼きのBetaグラフ → 詳しくは2ページ目のエラーチェックページ参照)





■プレス2層DVD-Videoの読み

4x → 2x のタイプでした。
その他は特にこれといってありません。

PRIDE.25 (片面2層DVD-Video CSS付)





■各種特殊音楽ディスクの読み性能

SANYOチップのため、暁のラブレターでは問題が発生してしまいますが、その他はまずまずの結果です。(問題が出るディスクは、ほとんど市場に出回っていないタイプのものだけ)
それよりこのドライブ、読み速度の変更ができません。この辺はあまり重視しない人もいるかと思いますが、私は結構気にするので、少しマイナスポイント。

特殊音楽ディスクタイトル 特殊音楽ディスク種類 特徴 検証結果
Every Little Thing / Many Pieces
CDS200.0.4 エラー入りのカクタス・データ・シールド。(トラック13で音飛び発生しやすい) 認識、読み共に無問題
中島美嘉 / 愛してる
レーベルゲートCD エラー入りのカクタス・データ・シールド。(トラック1で音飛び発生しやすい) 認識、読み共に無問題
Nick Carter / NOW OR NEVER
Key2Audio 国内ではほとんど採用実績がない、Key2Audioプロテクト。PCでのマウントは未保証なディスク。 認識、読み共に無問題
westlife / world of our own
CDS-100 カクタス・データ・シールド最強のCDS-100ディスク。
誤爆が多く、回収されてしまったという経緯がある、今となっては入手困難な(ある意味)貴重なディスク。
認識は出来るが吸えない。
東方と戦慄
Alpha-Audio 国内ではほとんど採用実績がない、セテック社の音楽CDプロテクト。
2セッション目はそれなりに強いプロテクトなものの、1セッション目はほとんどノンプロテクトなディスク。
認識、読み共に無問題
aiko / 暁のラブレター
特殊データ入り
音楽ディスク
書き込む際に問題が起きやすいという特殊なデータが混入されているディスク。 書き込み時問題発生
元ちとせ / ノマド・ソウル
SACDハイブリッド・ディスク プロテクトディスクではないが、ドライブによってはマウントできないディスク。 認識、読み共に無問題
サガフロンティア
オリジナルサウンドトラック
トラック1プリギャップ
音声入り音楽CD
トラック1のプリギャップだけでなく、LBAマイナス領域にも音声データが収録されている、極めて特殊な音楽CD。 吸えない

※サガフロンティアオリジナルサウンドトラックは CD-Ripper を、その他は Exact Audio Copy V0.95 prebeta 5 を使用して確認しています




■特徴等まとめ

項目 結果(データ)
主要チップ LC897490 ※PX-708Aと同じものです
製造国表示 MALAYSIA
排気ファン なし
5V定格 1.6A
12V定格 2.3A
ヘッドホン端子 なし
動作音 比較的静かに感じる
付属のブランクメディア バルク販売品のためなし
付属のソフト バルク販売品のためなし
SafeDisc2.8 3.1のバックアップ 未確認
SafeDisc2.8 3.1の読みドライブとして使用可能か? 可能
Read sample offset correction +686
Write samples offset -30
Combined read/write sample offset correction +656
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 DVD+R、DVD+R DLメディアは書き込むと勝手にROM化される
DVD+RWメディアはROM化できない
(ファームウェア2.0Bにて)
プリギャップリードサイズ
PRE-Gap Checker にて計測)
データCD(LBA) : -149
データCD(MSF) : -149
音楽CD(LBA) : -148
音楽CD(MSF) : -148
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 無理
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 prebeta 5 にて確認)
読み
書き ×
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
読み速度の変更はできるか? できない
CD-R最低書き込み速度 8倍速 (nero 6.3.1.15 にて確認)
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 4倍速
ROM化したDVD+Rディスクの認識 DVD-ROMとして認識可能
こちら の、「■ROM化したDVD+Rディスクの認識について」 のところも参照
保証 バルク購入品のため、ショップ独自の保証
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
DVD+R、DVD+R DLは、各種ライティングソフトで書き込むとBookTypeが「DVD-ROM」となりまが、DVD+RWメディアはROM化されません。ROM化に関しては以下の表の通り。(ファーム2.0Bにて確認)

ディスク種類 nero 6.3.1.15
でのROM化設定
DVDINFOPro 2.54
でのROM化設定
nero 6.3.1.15 で書き込み後のBookType
※他のソフトで書き込みしても同等の結果になると思われます
DVD+R DLメディア
(2層)
できない できない DVD-ROM
DVD+Rメディア
(1層)
できない できない DVD-ROM
DVD+RWメディア
(1層)
できない できない DVD+RW


【補足2】
このドライブ、TEAC自社製で間違いなさそうです。ドライブ背面に「TEAC」の文字があるのがまず決め手になりますが、


その他の特徴も、過去のTEAドライブと酷似している、または同じです。

トレイの開閉スピード、開閉感が同社のCD-RWドライブとそっくり
Read sample offset correction の数値が +686
(この数値はTEACのCD-W524E、CD-W540Eと同じで、他社のドライブでこの数値なのはほとんどない)
基板、筐体構造が、同社のCD-W540Eと非常に良く似ている

【補足3】
ヘッドホン端子はありませんが、基板に実装するスペース自体はあります。

【補足4】
LEDの位置が同社のCD-W540Eと異なっているように見えますが、これは中を見ると納得できます。


↑はDV-W58Eの中身で、3つのLED実装スペースのうち真ん中についていますが、CD-W540Eの場合は、端2箇所のところについてます。
※後からLEDの仕様が変更できるように設計しているように見えますが、詳細は不明。



全体的に不満に感じたのは、

 ○2層書き込み時、レイヤ1が綺麗に書き込めない。(エラー多い & Beta値が適切でないように見える)
 ○8倍速書き込みがイマイチ。(2ページ目参照)

の2点。DVD-Rが使えないのは今となってはそんなに気にならないので、かなり惜しい気がします。


CD-R実験室トップ
TEAC DV-W58E トップ 検証時環境 CD関連のベンチマーク PlexTools Professional、KProbe 計測結果