■WALKMAN A30シリーズ NW-A36HN 導入メモ - 1ページ目(EAC設定) -  2016年11月5日更新-


1ページ目(EAC設定) 2ページ目(EACリッピング) 3ページ目(xrecode2で変換) 4ページ目(確認、他) 5ページ目(隠しトラック)




2016年発売のWALKMAN A30シリーズ (NW-A36HN B) を買ってみたので、それの導入メモ書きです。

「そんなの取説通りやればいいのでは?」 と言われそうですが、Media Go がイマイチ好きになれないことと、以前CDから取り込んだのはmp3の物が多く、無圧縮ファイル(WAVEファイル)は消してしまったため、その辺を考慮して再度CD取り込みからやり直します。

使用するソフトは Exact Audio Copy と xrecode2 です。この2つのソフトを使用する理由ですが、


Exact Audio Copy セキュアモードがあるので、多少状態の悪いCDがあったとしても問題なくリッピングできる(可能性が高い)
xrecode2 多機能なうえに、わかりやすい


やり方ですが、EACでまずディスク単位(CUEシート込み)で読み込みます。このファイルは将来応用が利くはずなので消さずに別メディアにバックアップしておきます。
これで時間がかかるリッピングという作業は(今後)多分しなくて済みます。

その後のFLACへの変換はCUEシート読みに対応している xrecode2 を使います。非常に扱いやすいです。

そもそも今の時代(更新時:2016年11月)にCDからのリッピングをやるのか?という話ですが、機会こそ減るものの、しばらくはなくならないと思われます。


moraで曲を買おうとしたら、たいして安くないのに圧縮音源だった
→AAC-LC 320kbps と WAVE を聞き分けられるか?はまた問題が別で、気分の問題が大きいです
アルバムによっては、moraで圧縮音源買うより、AmazonでCDを買う方が安いです
それだったら少し手間だけど、CDから取り込んだ方がいいのでは?
というより、そもそもCDでしか音源を入手できない曲がある


ということで、WALKMANで使うことと、ある程度将来的に応用が利くであろう方法でCDからリッピング & FLAC変換します。

WALKMAN NW-A36HN
A20シリーズを買って5ヵ月くらいしかたってないのですが、
A20シリーズ唯一の不満点のボリュームステップが改善されているので、発売日に購入。
A20シリーズボリュームステップ → 30
A30シリーズボリュームステップ → 120
なので、ボリュームを1つ上げただけで、思ったより音量が上がってしまう不満が解消されました。
その他、44.1kHzと48kHzのデュアルクロック搭載というのも背中を押された理由にあります。
ファームウェアは初回出荷時バージョンの1.00です。



【余談1】
WALKMAN A30シリーズですが、購入を考えていて、もし待てるなら待った方がいいかもしれません。
理由は(各所で報告されてますが)少しの間操作しないとタッチが反応しなくなります。反応が鈍いとかではなく、反応しなくなります。(または極端に反応が遅い)
なにかの操作(HOLDをON→OFF等)をするとすぐに反応するのと、物理ボタンが反応しなくなることはないので、個人的にはギリギリ許容範囲といったところです。
SONYはこの状況で回収はしていないので、今後のファームアップに期待するしかありません。購入前に店頭デモ機で確認した方がいいかもしれません。
ただインターフェースは非常にわかりやすく、音もいいと思います。タッチパネルの反応の悪さはほんと惜しいです。


【余談2】
初期ロットは英語版が混在している問題があり、一時発売中止になりました。
ヨドバシ店頭で確認の同意を求められて、日本語版だったので、無事発売日(2016年10月27日)に購入することができました。

【余談3】
再起動不具合が出ました。(T_T)
10月27日〜11月5日まで1日2時間程度使用で、回数は1回です。
普通に聞いていて、何の前触れもなく再起動します。(CD取り込みのFLACで、本体メモリーに保存)
この他音飛び不具合もあるようですが、うちでは(音飛びは)まだ確認できていません。やはりファームアップで安定するまで待った方がいいかもしれません。(ファームアップで安定するかわかりませんが)



【2016年11月27日追記】
発売から1ヵ月経ちました。平日は1時間、休日は5時間くらい使ってますが、再起動不具合は↑の1回だけです(ファーム1.00時)
ファーム1.01以降は再起動不具合は出ていません。また私が買った個体は(各所で報告がある)音飛びは確認できていません。
ただし、タッチの反応が悪くなる時があるのは(ファーム1.01でも)相変わらずです・・・



【2016年12月10日追記】
11/28にファームウェア1.02が公開されました。国内SONY公式では

「楽曲タイトルなどのデータに簡体字または繁体字を含む場合、本体表示がまれに文字化けする症状を改善」

と発表してますが、実際にはタッチパネルの動作も改善されています。少なくとも私が買った個体はかなりまともになりました.。
音飛びに関しては購入以降相変わらず起きません。CD取り込みのFLACかmp3しかなかったので、試しにハイレゾアルバム(ファイナルファンタジーレコードキーパー)を買って3ループ聞きましたが、それも音飛びしません。保存場所はすべて内蔵メモリーです。(今のところ容量が足りてるので)
なにかあったらまたここに追記します。

あとこれは余談ですが、イヤホンを 「Etymotic Research hf5」 から 「SONY XBA-N3」 に変更しました、hf5は気に入っていたのですが、非常に聞き疲れするためです。
XBA-N3はあまり聞き疲れしない & 低音から高音まで非常によいと思います。




■リッピングに使用するドライブについて

PLEXTOR自社製旧ドライブ(PX-760A等)があればいいのですが、もう入手できないので、Pioneerドライブを使用します。
うちのPX-760Aはまだ普通に使えますが、入手できないドライブを使うと情報の価値が薄くなると思うので、2016年11月時点で入手できるドライブを使います。

光学ドライブはもうほとんど選択の余地がない状況ですが、PureReadの設定ができるPioneerドライブが入手できるので、まだいい方です。
というより、ポータブルBDドライブは(Pioneerブランド以外でも)Pioneer率が高いと思われますが。
※注:PureReadはPioneerブランド品でないと対応していません


使用ドライブ Pioneer BDR-XD05R2
2016年11月時点では(赤、白、シルバーは)入手が難しくなりつつあります。
ヨドバシでは黒以外は 「販売終了商品」 になっています。




■Exact Audio Copy設定

ここで使用する Exact Audio Copy のバージョンは 1.3 です。
以下はデフォルトから設定を変えたところです。設定は「MUSIC PC」さんを参考にさせて頂いてます。

エラー回復品質を 「高」 に変更


「EAC起動中はデータCD、音楽CDの自動再生を無効にする」 にチェック


↑のように設定


個人の好みで、「ファイル名設定」 を以下のように変更してます。
変更前 %tracknr2% %title%
変更後 %tracknr2%. %title%
わかりにくいですが、「.」を1つ入れてます。実際には以下のようになります。
変更前リッピング トラック1曲名 1 〇〇〇〇〇.wav
変更後リッピング トラック1曲名 1. 〇〇〇〇〇.wav


Pioneer BDドライブの場合は↑のように設定します。


Pioneer BDドライブの場合は↑のように設定します。


Pioneer BDドライブの場合は↑のように設定します。
「AccurateRipを使用する」 はチェックしない方がよさそうです。
試したところ、「+667」 となり、30サンプルずれてしまいます。
(以前は+667でよかったのですが、その後+637が正しいとされています)
MusicBeeでもAccurateRipが使用されていて、「+667」となるので、ほんとにこれでいいか不安になってきましたが。
注:ここの設定はドライブによって変わります。
個人的に調査したオフセット値
自分のドライブの数値がよくわからない場合は 「0」 のままでなにも問題はありません。
知らない方がよかったの世界です。
そもそも 「Media Go」 ではここの数値の設定変更ができません。


Pioneerドライブはギャップ/インデックス検索が苦手なようで、デフォルトの 「B」 では非常に時間がかかります。
またCDの状態が悪いと、いつまでたってもギャップ検出が終わらないこともあるので、「A」 に変更しています。
「A」 でいいのか正直よくわかっていないのですが、何枚かリッピングしたところ大丈夫そうです。


書き込みを行わない場合は設定不要ですが、一応設定しておきます。
Pioneer BDドライブの場合は 「+30」 にします。


デフォルトだとデータ取得できなかったので、「組み込みfreedbエンジン」 に変更しています。


http://freedbtest.dyndns.org:80/~cddb/cddb.cgi
がよいようです。



2ページ目へ



1ページ目(EAC設定) 2ページ目(EACリッピング) 3ページ目(xrecode2で変換) 4ページ目(確認、他) 5ページ目(隠しトラック)


トップへ