CD-R実験室トップ
LG Electronics WH16NS48DQ トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック
BD-R速度違反書き込み BD関係のベンチマーク DVD関係各種検証 CD関係各種検証 ライトアンドベリファイ
100GBのM-DISCを使ってみた 各種BD-Rの選択できる書き込み速度 PlexTools Lite PCエンジン


LG Electronics WH16NS48DQ 各種4倍速BD-Rエラーチェック
ここでは各種4倍速BD-Rの書き込み、エラーチェックを行っています
書き込み、エラー計測ともに Opti Drive Control 1.70 使用
今回は、エラー計測用に PlexTools Lite 0.9.9.8 も使用しています
※簡易計測ツールなので、以下のデータはあまり信用できないかもしれません。(とはいえ、個人でできるのは現状このくらいしかないです)
※参考比較用に、BDR-S09J の結果も載せています。
※私が買った個体での比較であり、製品の絶対的な性能を示すものではありません。


Panasonic 4倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:MEI-T02-001]
4倍速書き込み
LM-BR25LT10
日本製
ヨドバシさいたま新都心駅前店にて
2016年2月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [T02]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [March 2007]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) のときは2年以上前に買ったメディアを使いましたが、今回は新規に買ってきました。
まずエラーのカウントのされ方ですが、WH16NS48DQで記録した方は読みドライブによって多少差はありますが、BDR-S09Jで記録した方は、読みドライブによってあまり差はでません。
また、エラー計測ソフト(Opti Drive Control、PlexTools Lite)による差もそれほどなさそうです。
創朋のページ のスクリーンショットから想像つきますが、WH16NS48DQではやはりJitter計測でず、その辺はLITE-ON系ドライブでないと無理なようです。(2016年2月時点の情報)
それより気になるのはWH16NS48DQで記録した方が思ったより高エラーになることで、Pioneerドライブと比べて結構な差が出ました。(私が買った個体の特徴かもしれませんが)

【2016年3月21日追記】
その後トリプルタフコートのPanasonic 4倍速BD-Rを買いましたが、全然問題ない結果になりました。
こちら
LG Electronics WH16NS48DQ
F/W TSTR
中国製
Pioneer BDR-S09J
F/W 1.33
中国製





太陽誘電 (RiTEK) 4倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:RITEK-BR2-000]
4倍速書き込み
BRV25BKWWR30BC
台湾製
ビックカメラ大宮店にて
2016年1月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Ritek Corp.]
Manufacturer ID : [RITEK]
Media Type ID : [BR2]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
続いてSONYといきたいところですが、I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) で使用したメディアはもう1枚しかないため、太陽誘電のを使います。SONYも太陽誘電も中身はRiTEKです。
このメディアはもう流通在庫のみ(2016年2月時点)で、ビックカメラ用のパッケージ品です。
RiTEKではLDC、BISは両ドライブであまり差はでません。この辺はメディアによって違ってくるようです。ですがJitterで少し差が出ました。BDR-S09Jの方が低Jitterで記録状態がよさそうです。
・・・と書いてますが、これくらいなら問題ないと思います。以前検証した TSST SN-506AB では、RiTEK 4倍速BD-Rで悲惨なことになったりしました。こちら
LG Electronics WH16NS48DQ
F/W TSTR
中国製
Pioneer BDR-S09J
F/W 1.33
中国製





TDK (CMC) 4倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:CMCMAG-BA3-000]
4倍速書き込み
BR25THB50PK
台湾製
あきばお〜7号店にて
2016年2月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [CMC Magnetics Corp.]
Manufacturer ID : [CMCMAG]
Media Type ID : [BA3]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) で使用したのと同じロット(同じパッケージ内のメディア)です。
CMC 4倍速は入手性が悪くなってきましたが、4倍速メディアの種類が減ってきていることもあり、検証用に使います。
全体的にBDR-S09Jで記録した方が好結果です。エラー計測はドライブやソフトによって極端な差は出す、安定している感じです。
LG Electronics WH16NS48DQ
F/W TSTR
中国製
Pioneer BDR-S09J
F/W 1.33
中国製




Verbatim LTH 4倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:VERBAT-IMv-000]
4倍速書き込み
VLR130YP50V3
台湾製
ヨドバシAkibaにて
2012年12月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [VERBAT]
Media Type ID : [IMv]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) で使用したのと同じロット(同じパッケージ内のメディア)です。
かなり前に買ったメディアですが、まだ余っているので検証用に使います。
LTHのメディアですが、PX-B950SA計測とWH16NS48DQ計測でエラーのカウントのされ方にかなりの差があり、PX-B950SA計測だとエラーが非常に多くなります。
また、これも全体的にBDR-S09Jで記録した方が良くなってます。(PX-B950SA計測のBISのみWH16NS48DQの方が好結果)
LG Electronics WH16NS48DQ
F/W TSTR
中国製
Pioneer BDR-S09J
F/W 1.33
中国製




Verbatim 4倍速BD-Rメディア(M-DISC)
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]
4倍速書き込み
VBR130YMDP5V1
台湾製
ヨドバシさいたま新都心駅前店にて
2016年1月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [MILLEN]
Media Type ID : [MR1]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) で使用したのと同じロット(同じパッケージ内のメディア)です。
両ドライブでエラー的にはあまり差はありませんが、JitterはBDR-S09Jの方が少しよくなりました。
あとたまたまかもしれませんが、BDR-S09Jでは少し嫌な感じのエラー塊ができてしまってますが、いずれのグラフもこれを拾ってます。
このエラー塊は見てしまうと気になりますが、(M-DISCということで)ここからあまり劣化しないなら、無視していいレベルかもしれません。
LG Electronics WH16NS48DQ
F/W TSTR
中国製
Pioneer BDR-S09J
F/W 1.33
中国製




Panasonic 2層4倍速BD-Rメディア
[BD-R-DL:MEI-T02-001]
4倍速書き込み
LM-BR50LP5
日本製
ビックカメラ大宮店にて
2016年2月に購入
Disc Type : [BD-R DL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [T02]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [March 2007]
Layer Info : [2 Layers (L0-L1) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [24,438,784 Sectors = 50.05 GB (46.61 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) で使用したメディアはもう1枚しかなく、2つのドライブでできるだけ同じことをした方がよいと思い、新規に買ってきました。
Panasonic 2層4倍速に関しても、エラー的にはBDR-S09Jの方が好結果になります。ただしJitterはWH16NS48DQの方が少しだけ良くなりました。
これは当たりメディアっぽく、2層の割にはまともなエラーグラフです。
LG Electronics WH16NS48DQ
F/W TSTR
中国製
Pioneer BDR-S09J
F/W 1.33
中国製




■4倍速BD-Rのまとめっぽいこと

WH16NS48のエラー計測はLITE-ON系ドライブとほぼ同じ感覚で使えそう(メディアによる)ですが、この時期の発売でJitter非対応なのはやはりマイナスポイント。(2016年2月時点の情報)
今後のバージョンアップでJitter計測に対応して欲しいところです。
4倍速BD-Rは選択肢がほとんどなく、1層2層ともPanasonicを買うしかない状況。M-DISCもいいかもしれませんが、個人的にはPanasonicでいい気がしています。
M-DISCは入手性が比較的良くないのと、店頭でほこり被ってる状態なのがなんとなく嫌というのもあります。
WH16NS48DQは記録品位があまりよくないかもしれません。(私が買った個体)
Panasonicの2層メディアは比較的良好。(メディアが当たりの可能性あり)
Panasonicが2016年4月に各種BD-Rを新パッケージで発売 するようで、4倍速メディアの入手に関してはしばらくは大丈夫そう。

大体こんな感じで良さそうです。


CD-R実験室トップ
LG Electronics WH16NS48DQ トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック
BD-R速度違反書き込み BD関係のベンチマーク DVD関係各種検証 CD関係各種検証 ライトアンドベリファイ
100GBのM-DISCを使ってみた 各種BD-Rの選択できる書き込み速度 PlexTools Lite PCエンジン