CD-R実験室トップ
LG Electronics WH16NS48DQ トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック
BD-R速度違反書き込み BD関係のベンチマーク DVD関係各種検証 CD関係各種検証 ライトアンドベリファイ
100GBのM-DISCを使ってみた 各種BD-Rの選択できる書き込み速度 PlexTools Lite PCエンジン


■LG Electronics WH16NS48DQ (Pioneer BDR-S09J の情報もあり) - 2016年2月28日更新 - 

PC用のBDドライブ情報交換スレ 17台目 に情報があったエラーレート検査対応Blu-rayドライブです。実は情報を見た時買おうか迷ってたのですが、迷っているうちに売り切れになってしまい、再入荷後の購入です。
該当スレの情報によるとJitter計測非対応のようですが、LITE-ONドライブの入手ができないこと、検査ソフトがもしかしたらBDXLに対応しているんじゃないか?(購入前には公式サイトにはっきりした情報はなし)ということで、久々にLGドライブの購入となりました。


LG Electronics WH16NS48DQ
LG Electronics WH16NS48DQ
LG Electronics WH16NS48DQ
LGのドライブですが、付属ソフトは "PlexTools Lite"
昔からドライブ関係に興味がある人からするとかなりの違和感ですが、
もうこんな時代なので、そんなことは全く気にしません。
(エラー計測可能なドライブを一般に売ってくれるだけで非常にありがたい状況)
- 国内公式サイト -

パッケージはいわゆる白箱で、↓のような外観です。

業務用っぽく、白箱です。
また、Pioneerの業務用と違って、一般向けに普通に売られてます。(お高くはない)




 【主なPC環境】
 ○ASRock H77M-ITX
 ○Core i3 3225
 ○Windows 8.1 Pro 64bit

今回PX-760AをDVD、CDエラー計測用に使っていますが、PX-760A接続用には 玄人志向 SATA+ATA+USB3.0-PCIE を使用しています。(USBドライブとして認識されます)




■PlexTools Lite他、各種ソフトでのエラー計測について

本ドライブには 「PlexTools Lite」 なるソフトが付属されていますが、公式サイトの説明によると、

 ○旧製品の「PlexTools」や「PlexUTILITIES」との互換性はなく、対応ソドライブも異なる
 ○ソフトウェアに関する質問は(株)創朋が承っており、PLEXTOR社やシナノケンシ社には問合せないように


とのことです。
創朋Vinpower Digital にもあまり詳しいことは書かれていないため、(2016年2月時点)
気になる各種ソフトでの動作状況を実際に試してみました。

Opti Drive Control
1.70
PlexTools Lite
0.9.9.8
PlexUTILITIES
1.3.3.1
LG Electronics
WH16NS48DQ
※今回の購入ドライブ
BD-R LDC/BIS計測
BD-R Jitter計測 ×
DVD-R PIE/PIF計測
DVD-R Jitter計測 ×
BD-R LDC/BIS計測
BD-R Jitter計測 ×
DVD-R PIE/PIF計測
DVD-R Jitter計測 ×
BD-R LDC/BIS計測 ×
BD-R Jitter計測 ×
DVD-R PIE/PIF計測 ×
DVD-R Jitter計測 ×
PLEXTOR
PX-B950SA
※LITE-ON系ドライブ
BD-R LDC/BIS計測
BD-R Jitter計測
DVD-R PIE/PIF計測 ×
DVD-R Jitter計測 ×
BD-R LDC/BIS計測 ×
BD-R Jitter計測 ×
DVD-R PIE/PIF計測 ×
DVD-R Jitter計測 ×
BD-R LDC/BIS計測
BD-R Jitter計測
DVD-R PIE/PIF計測
DVD-R Jitter計測

まとめると↑のようになります。
以下は補足です。

PlexTools Lite 0.9.9.8 では、DVD-R、BD-R共にJitter計測は動作しませんでした。(Jitter計測機能は搭載してます)
PlexTools Lite 0.9.9.8 はBD-Rの書き込み機能を搭載していますが、実際は動作しませんでした。(DVD-R書き込みは動作します)
PlexTools Lite 0.9.9.8 で3層BD-Rのエラー計測は一応動きますが、スケールが66GBくらいまでしかありません。(3層目が対応されていないっぽい)
Opti Drive Control 1.70 + WH16NS48DQ の組み合わせでは、DVD-Rの PIE/PIF 計測はできるものの(うちの環境ではなぜか)速度がMAX固定になってしまいます。BD-Rについては速度選択が可能です。
PX-B950SAはLITE-ON系ドライブですが、iHBS212等と少し挙動が違います。うちの環境で試す限り、DVD-RはOpti Drive Control 1.70で動作しません。(iHBS212を使っていたときは動作していました)
PlexTools Lite 0.9.9.8 でエラー計測完了すると、トレイが勝手に開いてしまいます。これはほんとやめて欲しいです。(ありがた迷惑)

ということで、今後のバージョンアップに期待という、お決まりの結論になりそうです。
その他の情報として、LGの "BH16NS48" というドライブ( MEDIATEK MT1959UWDN搭載)は、PlexTools Lite 0.9.9.8では動作しませんでした。
MEDIATEK搭載のLGドライブならなんでもいいというわけではなさそうです。(ドライブ本体になんらかのカスタマイズが必要っぽい)





■製品ラベル、基板等

ドライブ本体スキャン画像
ラベルが丸い以外、特にこれといってありません。


ラベル1
製造は2015年4月です。(購入は2016年2月)


ラベル2
中国製です。
いろいろと書かれていますが、多分お約束的なことが書いてあるだけだと思います。(テキトー発言)


ドライブ底面側のラベル
日本向けのラベルです。
「SUPPORT QUALITY SCAN」と書かれてます。


フロントベゼル
安物のスキャナーなのできれいにスキャンできませんが、実際はもう少しなめらかな質感です。
LGのロゴはありません。


LEDの色
過去のLGドライブ同様、青です。


メイン基板
メイン基板です。大体予想通りな感じです。


MEDIATEK MT1959UWDN
"MEDIATEK MT1959UWDN" が搭載。
2012年12月に "BH16NS48" というLGのドライブを買ってますが、それと同じです。


フロント部
フロント部基板です。特にコメントするようなことはなし。




■ドライブ情報

Opti Drive Control 1.70
"WH16NS48DQ" ではなく "WH16NS48" と認識されます。ファームは "TSTR" というバージョンでした。
"Extra information" の数値はイマイチ不明です。
あと、"CPRM" のところが×になっている点に(一応)注意。


PlexTools Lite 0.9.9.8
付属ソフトの情報も一応載せておきます。さりげなく、"TLA" という項目があったりします。
たまたま同じPCに PX-760A が繋がってますが、(PX-760Aでは)TLAの数値も正しく表示されてます。




■付属ソフト

本ドライブの売りは "PlexTools Lite" ですが、↓のようなディスクが付属されています。
意表をついて、"ImgBurn" も同梱されていました。

付属のディスク
左の方に "ImgBurn" と書かれているのが見えると思います。

で、↑のディスクなのですが、プレスではなく、CD-Rでした。
余談ですが、以前会社でアメリカ製マルチメータを購入したのですが、PDFの取説が収録されているディスクがプレスではなくCD-Rでした。本ドライブは米国販売モデルらしいですが、アメリカではCD-R率高いのでしょうか。(単に生産数が少ないだけかもしれませんが)

CD-Rの製造元、他情報
CMC製でした。


CD-Rの中身
なんかフリーソフト詰め合わせ的な感じですが、PlexTools Lite はフリーではないっぽいです。
インストール時に、SN code の入力を求められます。


CD-Rなのでエラー計測してみた
点がまばらにあるように見えるのは、記録容量が少ないためです。
エラー的には全く問題ありません。




■EACで設定するオフセット値

Read sample offset
PX-760A で作成したテストディスクで情報取得
ここの正確なデータ取得には、旧PLEXTOR自社製ドライブで作成したテストディスクを使う必要があると思われます。
(PREMIUM、PX-708A、PX-712A、PX-716A、PX-755A、PX-760A 等)
理由は、旧PLEXTORドライブは "Write samples offset" が±0のためです。
"Overread" の正確な情報が不要なら、旧PLEXTORドライブ意外でも(多分)データ取得可能です。
(Write samples offset の数値がわかっていることが条件)


Combined read/write sample offset
WH16NS48DQ で作成したテストディスクで情報取得
ここのデータ取得には、調べたいドライブを使用します。
今回は LG Electronics WH16NS48DQ で作成したディスクを使用することになります。

まとめると以下の通りです。読み書きでズレが相殺されます。数値的には "MEDIATEK MT1959UWDN" 搭載の BH16NS48 と同じです。

Read sample offset Write samples offset Combined read/write
sample offset
-24 +24 ±0

その他のドライブのデータは こちら




■2016年2月のBD-Rメディア事情

2016年2月下旬に購入したSONY 6倍速1層BD-RにRiTEK製が混入しているのを確認しました。
これにより、SONYの1層BD-Rは4倍速、6倍速共に指名買いする価値がほぼなくなりました。(おみくじメディア)

2016年1月〜2月に購入した各種SONY BD-R
6倍速1層BD-R 6倍速1層BD-R 6倍速1層BD-R 6倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R
台湾製 台湾製 台湾製 台湾製 台湾製
5BNR1VGPS6 10BNR1VGPS6 5BNR1VHGS6 10BNR1VHGS6 5BNR1VGS4
Manufacturer ID
SONY-NN3-002
Manufacturer ID
RITEK-BR3-000
Manufacturer ID
SONY-NN3-002
Manufacturer ID
SONY-NN3-002
Manufacturer ID
RITEK-BR2-000

↑のは全部ヨドバシカメラさいたま新都心駅前店で2016年1月〜2月にかけて買ったものですが、6倍速の10枚パッケージ品 "10BNR1VGPS6" がRiTEKでした。店頭で中身を見分けることは無理なので、買ってきてPCドライブにマウントさせるまではどこ製か?わかりません。SONY 1層BD-Rは指名買いする価値がほぼなくなりました。

SONYの6倍速BD-Rは速度違反用メディアとして使用されることが多いですが、今後ドライブ側で、「BD-R 16倍速対応」 と言っても、対応できるメディアがない、なんてことになるかもしれません。

16倍速書き込みには、どのBD-Rを使えばいいですか?
メーカー SONY製6倍速BD-Rを使用して下さい。
SONY製6倍速BD-R(実際はRiTEK)ですが、12倍速までしか選択できないんですけど?
メーカー すべての環境で16倍速を保証するものではありません。

過去の経験から、まず間違いなくこんなやりとりになります。



3層BD-Rは、Verbatim製の10枚スピンドル品が2016年2月1日から販売開始されています。店頭で3層BD-Rが売られていない時期が結構長かったのですが、その辺解消されつつあります。(なぜかAmazonではVerbatimの3層BD-Rが常時売られていましたが)
ヨドバシカメラさいたま新都心駅前店では、メディアコーナーに陳列されていません。(2016年2月時点) 店員を捕まえる必要ありますが、PCコーナー周辺に店員がいることがほとんどなく、買うのもひと苦労です。(レジの棚に陳列されていることがあらかじめわかっていれば、いきなりレジで指名買いするのありと思いますが)

その他、M-DISC仕様の3層BD-Rも2016年2月1日から販売開始されてますが、IDは通常のBD-Rと同じです。そのためと思われますが、1層のM-DISCは速度違反できないものの、3層のM-DISCは速度違反できるという、変な感じの状況になっています。

BD-RE XLはPanasonic製がほぼ消滅し、SONYのみです。

3層BD-R 3層BD-R 3層BD-R 3層BD-RE
日本製 日本製 日本製 日本製
Verbatim VBR520YP5V1 Verbatim VBR520YP10SV1 Verbatim DBR100YMDP5V1 SONY BNE3VCPJ2
Manufacturer ID
VERBAT-IMk-000
Manufacturer ID
VERBAT-IMk-000
Manufacturer ID
VERBAT-IMk-000
Manufacturer ID
SONY-ET2-002



各種M-DISCが出回ってきていますが、扱っているショップが少ないのと、2層と3層のはヨドバシ(さいたま新都心)が物をメディアコーナーに置かなかったりで、一般的にはほとんど知られていないと思います。メディアコーナーに置いたところで高っ!となって、全然売れないと思いますが。

Verbatim
VBR130YMDP5V1
Verbatim
DBR50RMDP5V1
Verbatim
DBR100YMDP5V1
RiDATA
M-BDR25GB.PW5P
1層 25GB 2層 50GB 3層 100GB 1層 25GB
台湾製 日本製 日本製 台湾製
Manufacturer ID
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]
Manufacturer ID
[BD-R-DL:VERBAT-IMf-000]
Manufacturer ID
[BD-R-3L:VERBAT-IMk-000]
Manufacturer ID
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]

1層は専用っぽいIDですが、2層と3層は従来のメディアと同じIDです。また、2層のM-DISCのみ最大書き込み速度が6倍速です。(他は4倍速)

【サイト内関連リンク】
M-DISCを茹でてみた



台湾製2層6倍速は、以前はCMCでしたが、RiTEKになってきているようです。
以下は2つもRiTEKでした。(あきばお〜で購入)
右のは地元のロヂャース(浦和店)でも売られていました。

HDBD-RDL6X10SP GJBDL50-6X10PW
台湾製 台湾製
Manufacturer ID
RITEK-DR3-000
Manufacturer ID
RITEK-DR3-000



詐欺メディア情報です。
リーダーメディアテクノ B8-10Pは "8倍速BD-R" として売られています。これの中身がただのRiTEK 4倍速な点に注意。6倍速ですらありません。
あきばお〜の他、地元のロヂャース(浦和店)でも売られていました。

詐欺メディア
リーダーメディアテクノ B8-10P
中身は "RITEK-BR2-000"です。本当の対応速度は4倍速 です。




■ImgBurn 2.5.8.0 での動作

付属していることもあり、BD-R、DVD-R共に普通に動作します。


Opti Drive Control 等でグラフ化可能
速度違反の無茶な書き込みのため、最後は減速していますが、書き込み自体は問題なく完了。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2.メディアをセットし、カバーを閉めたら(トレイを閉じたら)時間を計測開始。


全体的に、Pioneer BDR-S09J より遅いです。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
LG Electronics
WH16NS48DQ
F/W TSTR
Pioneer
BDR-S09J
F/W 1.33
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 16秒 11秒
記録済み 20秒 9秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 22秒 13秒
記録済み 26秒 10秒
Verbatim
4倍速BD-R(1層)
M-DISC
ブランク 16秒 12秒
記録済み 21秒 9秒
Verbatim
4倍速BD-R(3層)
M-DISC
ブランク 29秒 16秒
記録済み 30秒 15秒
三菱化学
16倍速DVD-R
ブランク 12秒 16秒
記録済み 16秒 9秒
RiDATA
M-DISC DVD
ブランク 16秒 19秒
記録済み 24秒 14秒
Verbatim
48倍速CD-R
ブランク 11秒 13秒
記録済み 10秒 10秒
BD-Video(1層) - 13秒 5秒
BD-Video(2層) - 16秒 6秒
DVD-Video(1層) - 11秒 7秒
DVD-Video(2層) - 13秒 9秒
音楽CD - 10秒 10秒


CD-R実験室トップ
LG Electronics WH16NS48DQ トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック
BD-R速度違反書き込み BD関係のベンチマーク DVD関係各種検証 CD関係各種検証 ライトアンドベリファイ
100GBのM-DISCを使ってみた 各種BD-Rの選択できる書き込み速度 PlexTools Lite PCエンジン