■太陽誘電6倍速LTH BD-Rメディア - 2011年6月19日更新 - 

BD関係でこれといった新製品が発売されることは少なくなってきましたが(というか、PC用光ディスク関連全般がほとんど終わってるっぽいですが)
太陽誘電から6倍速対応のLTH BD-Rが発売されました。

このメディアを店頭で見かけたとき、大体以下の3つに分類されるかと思いますが、

(1) 一般人 6倍速だから4倍速より1.5倍速くらい速いし(←注:一応書いておきますが、間違いです)
時間はお金では買えないから、少し高いけどこれ買っておくか。
(2) 少し詳しい人 LTHというだけで買う気がしないのに、6倍速とか、よけいいらないです。
(3) ちょっとアレな人 これはもう検証用に買うしか。

ということで、↑の3の理由で買ってきたので、いくつかのドライブで実際に焼いてみようと思います。


太陽誘電 6倍速LTH BD-Rメディア
記録面は薄々で、CD-Rのフタロシアニンみたいな感じの色です。




太陽誘電 6倍速LTH BD-R メディア
[BD-R-SL:TYG-BD-Y05-001]
BR-V25WWY10SG
日本製
 
Pioneer BDR-S06J
F/W 1.06
日本製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [TYG-BD]
Media Type ID : [Y05]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
BDR-S06J ではZ-CLVでの6倍速書き込みです。
一応普通に使えるとは思いますが、後半ほどエラーが高くなっていることもあり、大事なデータの長期保存には使わないほうがよさそうな気がします。
※MIDがなぜか表示されないです。(ファーム5L09のiHBS212では非対応で、読めていないっぽい)
→これの原因が判明しました。Opti Drive Control 1.51 のバグのようです。(1.50なら問題なし)
エラーグラフ




太陽誘電 6倍速LTH BD-R メディア
[BD-R-SL:TYG-BD-Y05-001]
BR-V25WWY10SG
日本製
 
Pioneer BDR-206MBK
F/W 1.03
日本製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [TYG-BD]
Media Type ID : [Y05]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
続いて同じPioneerのBDR-206MBKですが、エラーの傾向的には同じですが、こっちの方がさらに高エラーになりました。これだとちょっと使う気はしません。
エラーグラフ




太陽誘電 6倍速LTH BD-R メディア
[BD-R-SL:TYG-BD-Y05-001]
BR-V25WWY10SG
日本製
 
日立LG BH12NS30
F/W EL00-C1
中国製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [TYG-BD]
Media Type ID : [Y05]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
BS12NS30はファームを確認できるソフトが少ない点に注意。↓のグラフだけ見ると "EL00" に見えますが、実際は "EL00-C1" です。詳細バージョンはファームウェアのアップデートプログラム等で確認できます。こちら
エラーグラフは予想に反してPioneerより好結果になりました。ただ、やはりエラーは多めです。
あと、書き込み方式はPioneerと違ってP-CAVです。
エラーグラフ




太陽誘電 6倍速LTH BD-R メディア
[BD-R-SL:TYG-BD-Y05-001]
BR-V25WWY10SG
日本製
 
LITE-ON iHBS212
F/W 5L09
中国製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [TYG-BD]
Media Type ID : [Y05]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
iHBS212はファームで対応できていないようで、選択できる書き込み速度は2倍速固定なうえに、書き込みエラーになります。ファームアップされるまで待ちましょうということで。(というか、他メディアの使用を推奨)
書き込みグラフ




太陽誘電 6倍速LTH BD-R メディア
[BD-R-SL:TYG-BD-Y05-001]
BR-V25WWY10SG
 
日本製
 
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.3.012
(ドライブ本体のファームは 1.06)
日本製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [TYG-BD]
Media Type ID : [Y05]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
BDZ-AT700のソフトウェアバージョンは2011年6月では 18.3.012 ですが、搭載されている光学ドライブのファームは購入時から変化なしの 1.06 です。
ファームで対応できているようで、書き込み完了までにかかった時間は約16分なので、6倍速で書き込みできています。
エラー的には問題なし・・・となると思いきや、なぜか↓のところで止まってしまいます。
さてどうしようかというところですが、普段はPanasonicの4倍速BD-Rしか使わないので、この辺はあまり気にしないことにしておきます。

レコーダーで記録したメディアは先頭と末尾に必ずエラー塊ができるので、無視して見る必要があります。
エラーグラフ


トップへ